波形特徴抽出機能について

時系列に変化するデータを扱う場合に使用する機能です。

判別したいデータをそれぞれ入力し、標本線を配置して変化量と存在量を抽出することができます。

標本線は等間隔配置と集中配置の2種類から選ぶことができ、集中配置の場合は、図のように中央値に密度を高く配置します。

この機能で生成されたデータを用い、時系列に変化しているデータのMD値を計算することができます。

標本線を手動で設定して変化量と存在量を抽出する画面。判別したいデータを用意し画面左上の「OKフォルダ」と「NGフォルダ」で選択。画面右上に読み込まれた波形データが表示され、波形を確認しながら本数や最大値、最小値を入力して標本線を配置を行えます。

配置の仕方は最大値、最小値の間で等間隔とするか、中央値に集中するように配置する集中配置から選択することができます。